下水流量管理システム


上水の量に比べ下水の量は少なくなります。しかし、現在はその量を計測するメーターが付いておらず、下水管に流れる正確な水の量はわかりません。そこで、下水が流れる管にメーター(認定下水道量測定器)を設置し、実際の下水流量を計測し、減免申請することで、特例措置による下水道料金のコストダウンが可能となります。
特例措置を受けた企業の減免金額は大きなもので年間数千万円にもなるという事例があります。将来的なことを考えると「下水流量管理システム」を導入することは、大きな企業戦略のひとつであるといえます。


※メーター設置の場所は市地区町村の指導によって異なります。※水道使用料金は市地区町村によって異なります。
  • どうやって大幅な削減を実現?
  • 削減したらどのくらい安くなる?
  • 初期費用や維持管理費は無料!

メールでのお問い合わせはこちら